両親に自分が受けているパワハラの内容を相談した

パワハラ

今回はパワハラの体験談を聞いてきました。

実際、パワハラされた方に生の声を聞くと、独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
総合病院の医療職 28歳 男性

【勤続年数】
3年

【雇用形態】
正社員

パワハラの体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • どのようなパワハラをうけたのか
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

どのようなパワハラをうけたのか

もともと4年間国立の工学部に在籍していましたが、その後医療に興味をもち大学卒業後は医療系専門学校に3年間通って国家資格を取得しました。

就職した先は、地元隣県の総合病院で、私の部署は医療職の中でも男性比率が高く俗にいう「体育会系」の職場でした。

入職時は、同期4人が同じ部署にいましたが私は一度大学に入って専門学校へ行き直したことから同期の4人とは年齢が4つ離れていました。

こういうこともあってか同期の4人よりも頑張らなくてはいけないと思い仕事に励んでいましたが、9歳上の先輩とペアをくんだ時は「ばか」「そんな事も知らないのか?」「大学卒業してんだろ?」そんな罵声を浴びせられ仕事もろくに教えてもらえず「出来ない奴」のレッテルを貼られてしまいました。

一度「出来ない奴」となった私は何をするにしても緊張し「怒られはしないだろうか?」「ちゃんとできていないのだろうか?」と怯えるようになりついには患者さんが使用するものを破損してしまい部署の中でも浮いた存在になっていきました。

その頃から、暴飲暴食に走り体重は増加、健康診断でも「要検査」が続き体も壊していきました。

当時の所属長に部署異動を申し出てしばらくは仕事を続けましたが、同期からの視線も痛く、部署での立ち位置も分からなくなってしまったことからこれからもこの職場でずっとは働けないと思い辞職することを決めました。

自分も悪いところはあったかもしれないけどあの先輩がいなかったらもっと違う人生だったと悔しく思います。

その状況を改善するためにしたこと

「仕事が出来ない」と言われ続けたので、反抗せずにひたむきに基本から仕事を行うように心がけました。

また、部署の同期がステップアップするなか1人で復習を確実に行い「出来るようになった」と認めてもらうために座学や資格取得を行いました。

このように自分では努力を行った事も認めてもらえなかったので、所属長へパワハラを行う先輩からどのような扱いをされているのか実情を話して、パワハラを行う人を指導してもらえないか頼みました。

しかし、なかなか改善はされなかったので自分の保身のためにパワハラを行う先輩と違う部署へ異動願いを出して、パワハラのないような部署へ逃げるように異動させてもらいました。

自分なりに努力はしてみたつもりですが、基本は何も変わりませんでした。

結果的にその仕事は辞めました。

仕事を辞めた理由

精神的につらくなって体調を崩したり、健康診断などでも悪い結果がでるようになってきました。

実家の両親へ相談したら「そんな職場は続ける必要ない」と言って貰った事が背中を押して、辞職決意となりました。

今まで無理にでも最初に就職した職場は早いうちに辞めないほうがいいと思い、我慢してやってきました。

けれど我慢をすることで健康を害するぐらいならば、新しい職場を見つけて健康的に生きていったほうが、今後の人生設計にもいいのではないかと感じるようになりました。

仕事を行い給料を頂き生活することが大前提ではありますが、プライベートやその他のことを充実させるためには仕事場を変えるなんていうのは踏ん張らずに早めにやるべきだったと今では感じています。

パワハラの悩みを持っている方へのアドバイス

ハラスメントはこの世の中色々なところでみられます。私もパワハラを受けた身ですが、先ずは自分だけで考え込まずに職場の信頼できる方へ相談をしてみてください。

職場の規模が大きければ大きい程、解決は行いにくいかもしれませんが、そこで解決できたら「ラッキー」ぐらいの気持ちでいたほうがその後の行動がとりやすいと思います。

また、両親や第三者に自分が受けているハラスメントの内容を相談してみて、あまりにもひどいようだったら我慢せずに、早期に職場を移る準備を行うことをオススメします。

ストレスがたまっていると自分自身の事が分からず感覚が麻痺してハラスメントが当たり前になり、精神的に追い詰められて重大な事故や失敗に繋がるかもしれません。

私は職場を変えた身ですが、その決断は正しかったと思っています。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧