ネットショップの事務員なのに理不尽なノルマがあるブラック企業

ブラック企業

今回はブラック企業の体験談を聞いてきました。

実際、ブラック企業に勤務された方に生の声を聞くと、独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
ネットショップの事務員 26歳 女性

【勤続年数】
6ヶ月

【雇用形態】
正社員

ブラック企業の体験談

私が26歳の時に入社したのは、リサイクル品をオークションで販売するネットショップでした。

他社で事務職を経験していたため、ここでも事務員の正社員として採用され半年ほど働きました。

短期間で退職してしまったのは、どうしようもないブラック企業だとわかったからです。

どのようなブラック企業だったのか

ハローワークの求人で見つけ、募集内容は事務員としては好条件だったのですぐに応募しました。

日曜祝日は休み、10時から18時までの勤務で給与は20万弱というのは魅力的でした。

社長直々に面接をしてくれて、説明ではほぼ募集内容通りの条件だということで、その場で採用が決まり私も勤めることに決め、すぐに働き始めました。

定時退社が許されない

入社してすぐに感じたのは、残業をするのが当たり前、しないとダメという風潮が蔓延っているということでした。

支店がたくさんあり、基本的に社長やその他役職がつくような人は事業所には席がありませんが、毎日定時頃になると本社から電話が来て、誰か定時で帰ろうとしている社員、帰った社員はいないかの確認がありました。

体調不良や用事で帰宅しようものなら、延々と説教される羽目になります。仕事が終わっていたとしても、無理矢理やることを見つけて残らなければいけなかったのです。

もちろん、残業代なんてつきません。

タイムカードは必ず押すように、もし一度でも押し忘れたら給与は支払わないという上からの指示でしたが、そのタイムカードに記された勤務時間通りに早出・残業代が支払われることは決してありませんでしたし、実際の給与は求人に出していた金額とは程遠いものでした。

私は事務職ということと、総合職の社員に比べても時間外にできる仕事がほぼなかったので、始めの内は定時で強引に帰っていました。

ネットオークションに商品を出品するための商品登録作業、落札者の方との連絡、入金確認などが主な事務の仕事でしたので、他の社員が商品の出品準備を完了しないとこちらは出来ることもなく、入金確認も銀行の営業時間に準ずるので残業しても意味がなかったという理由です。

事務所内の他の社員は優しくて、私に定時で帰るように言ってくれていたのもありがたかったです。

けれど、ある日それを不満に思った本社の上の人間が、事務員である私も定時で帰るのはおかしいと言い出し、強引に事務職がする仕事ではない仕事を割り振りノルマを課し、それが終わるまでは帰るなという理不尽な命令をされました。

私も入社して日が浅かったのもあり断れず、畑違いの仕事をなんとか覚えながらこなす日々が始まりました。

オークションで販売する商品は、営業の社員が各家庭を訪問して買い取ってきた不用品だったのですが、販売担当社員はそれらの商品をクリーニングしたり直せるものは直したりして、キレイな状態にして写真を撮るところまでが業務内容でした。

その写真データを元に事務である私がオークションサイトに登録をするという流れでしたが、販売担当の業務も私もやるように言われたのです。

元々の販売担当よりはノルマは少なかったものの、事務作業と合わせると相当な仕事量になりました。

商品についての知識もないので他の社員に聞いたり調べたりしながら、かなり時間のかかる作業でした。

辞表を出したら嫌がらせされる

そんな中、なんの連絡もなく突然給料日に誰にも給料が支払われていないという出来事がありました。

社員たちは本社に確認を取りましたが、急遽給料日を変更したのでまだ支払わないとの回答がありました。

ありえないですし、社員、特に男性社員の多くは家庭もあります。前回の給料から早まったのならまだしも、10日以上先延ばしにするのに事前に連絡もなかったことに、皆不信感を抱きました。

その件で、元から残業やノルマの強制や上からの必要以上な圧力に疑問を抱いていた社員の数人は辞めてしまいましたが、その時点ではまだ私は会社に残っていました。やはり入社したてということが引っかかっていたのです。

ですが、欠員の補充はなかなかされず、残った社員の負担が増えるばかり。その状況でも、上からのノルマはどんどんキツくなっていきました。

それに耐えきれずに辞表を出した社員に、本社の人間は嫌がらせをするようになりました。

その社員の仕事内容とはかけ離れた部署の仕事を辞表を出した翌日からやらせ、しかもとんでもない量のノルマを与えるのです。

もちろんノルマ達成まで帰宅できません。定期的に電話で確認が来るので誤魔化しようもなかったです。

日付が変わるまで帰宅できない日が続き、鬱になったり体調を崩す社員が続出しましたが、上の方針は変わらず。むしろ会社に逆らうとこうなるんだと見せしめにしているようでもありました。

耐えられなくなった社員たちは、辞めると言っていた日より早く会社に来なくなってしまいましたが、そうすると会社側は契約違反だと主張し、その日までの給料を支払わずに見放していました。

その様子を見ていて、私が辞める時は黙って辞めてしまおうと考えていました。その頃から本格的に辞めることを視野に入れていました。

会社の経営状況が危なくなってきた

その後、会社の経営状況が芳しくないと知る出来事が続きました。

会社の固定電話が止められていたり、商品の発送に利用していた運送会社への送料未払いが発覚したり、給料が給料日に振り込まれないことも当たり前になってきていました。

全ての経理管理は本社でしていましたが、事業所で働く私達には何も説明や謝罪もないまま、こちらは業務に支障をきたしていたり知らずに取引先に迷惑をかけていたりといった状況が続いていました。

経費削減のためエアコンの禁止という指示も出て、夏場にパソコンが何台も稼働している狭い事務所でそれは熱中症になる社員もいましたし、寒くなってきてもストーブの使用も制限され、手がかじかんで仕事にならないといった弊害もありました。

その状況を打破するために本社が決めたことは、役員報酬のダウンでも、社長の無駄な出張でもなく、ただ事業所ごとのノルマを増やすことでした。

早朝から深夜まで社員たちはほぼフル稼働で、休日もないようなものでした。

それだけ頑張っても1円も給料には反映されず、ヤル気も体力も精神力も、皆何も起こらずただただ死んだように作業をする毎日でした。

たまに社長や役員が事務所に顔を出していましたが、自分は愛人を引き連れて観光がてら事業所のある都市を回っていると笑っていましたが、社員たちには休憩も許さないという理不尽さで、呆れやら怒りやらで、誰も何も言えませんでした。

パワハラやセクハラが日常茶飯事

男性社員は暴力も振るわれていましたし、女性社員はセクハラを受けていました。

社長をはじめ役員は、営業職の社員が少しでも早く事務所に戻ると、「どうしてこんな時間に戻るんだ」と怒鳴られ叩かれていましたし、事務所内で仕事をしている女性社員には体にベタベタ触りながら私生活を聞き出そうとしたり、仕事の邪魔になることばかりしていました。

休日出勤や、早出・残業時間なんてわけがわからなくなるほどずっと会社で過ごしていました。

それは私だけではなく、むしろ私以上に総合職の社員たちは会社に住んでいると言ったほうがいいくらいずっと居ましたが、給料には一切反映されませんし、電気代がかかると上から文句も言われました。

残業を強制しておきながら経費無駄遣いだと責めるのです。

ずっと社員同士で不満は言い合っていましたが、ある日私より後から入った社員が律儀に上に辞めると言い、案の定嫌がらせを受けることになり、本当に馬鹿らしくなってしまい、私もそっと辞めることを決意しました。

ブラック企業だと感じたのは入社してすぐでしたが、やはりなかなか簡単に退職に踏み切ることは難しかったです。

生活もありますし、前回の給料から退職日までの給料が出る保証もなかったですし、他の社員との仲間意識のようなものも芽生えていたのかもしれません。

その状況を改善するためにしたこと

会社の空気を変えることは無理だと判断したため、辞めた後に労働基準監督署に行くことを決めました。

また、在籍中に監督署に行く時間が全く取れなかったので、電話で相談をすることもありました。

監督署の職員さんは、その状況なら勝手に辞めても(行かなくなっても)いいと言ってくれたのもあり、一緒のグループで働いていた同僚にのみ辞めることを告げ、引き継ぎをしておきました。

私が入社してから独自にやりやすいようシステム化した部分も多かったので、マニュアルも作っておきました。

監督署の職員さんのアドバイスで、タイムカードのコピーも取っておきました。

辞めてからは、タイムカードのコピーや入社時の雇用契約書、ハローワークの求人票などの資料を揃えて直接監督署に足を運びました。

既に他の事業所の辞めた社員たちからもどうようの相談が何件もあったようで、会社自体はマークされていたようです。

ただ、とくに会社側に改善の様子が見られないとのことだったので、残業代や辞めた日までの給料の請求は書面でした後、対応がなければ裁判に持っていくほうがいいかもしれないと言われました。

案の定会社は支払いを拒否し、それどころか勝手に辞めたのだから会社に与えた損害分を払えと法外な金額を請求してきました。

そんなのは雇用契約にも含まれていないためもちろん無効ですが、それで未払い分を逃れようとしているのではないかというのが監督署の意見でした。

素人じゃ手に負えないので、裁判所に行って相談もしました。

裁判所では、会社側と私とで、裁判員立ち会いのもと話し合う方法が一番いいと言われました。

大げさに裁判を起こす労力と見返りを考えると、この場合割に合わないようです。なので会社側を呼び出す書類を送ってもらい、指定の日に裁判所へ出向きました。

その頃には既に新しい会社に就職していたので平日に休みをもらうのも苦労しましたが、新しい会社の理解があって助かりました。

しかし、結局会社側は裁判所に来ることはありませんでした。

これ以上訴えを進めるだけ無駄だと判断した裁判所の方の意見に私も同意し、泣き寝入りを選びました。

他の事業所の辞めた社員や、同じ事業所で辞めた社員にも聞いてみましたが、皆一様に会社からは無視された状態でした。

どうやら経営のほうも以前より悪化していたらしく、色々な未払いが多すぎて、元社員に支払う前に払わなければいけない金額が多すぎて手が回らなかったようだと聞きました。

結果的にその仕事は辞めました。

仕事を辞めた理由

そのまま在籍していても体力も持たなかったと思いますし、何より精神的に辛かったので辞めました。

その後の会社の状況を聞き、結局事務所を家賃の安いところに移転したものの、すぐに潰れてしまったようですので、しがみつかずにスッパリ辞めて正解だったと思います。

事前に辞めると上に伝えずに「飛んだ」形になってしまったのは社会人として引っかかりましたが、監督署の職員の方も場合によってはそれもありだと言ってくれていますし、結果的にそうすることで無駄な嫌がらせを受けずに済んで良かったと思っています。

一応辞表は直属の上司にあたるチームリーダーに出していましたし、その社員には辞めることも前もって伝えていたので、自分の中では順序は守って辞めたつもりです。

もう少し早く辞めていればここまで苦労もしなかったのかもしれませんが、もっと長く頑張ってボロボロになってしまった同僚たちを見ていると1日でも早く辞めることは大切で、自分の判断も正しかったと思えます。

結局残業代と勤務した給与の未払い分は回収できませんでしたが、請求の手続きにも少額ながらお金もかかりますし時間も手間もかかりますので、見限って手を引くのも手だったのかと思っています。

ブラック企業に勤めている方へのアドバイス

勤めている最中は、色々なしがらみがあってなかなか辞めることが出来ないと思います。

ですが、会社は結局自分がいなくなっても回りますし、辞めた後の会社のことは考えずに、自分の気持を大切にして下さい。

精神を病んでしまった人、体を壊してしまった人、短期間ですが私もたくさん見てきました。

もし目先の収入について引っかかるのなら、ブラック企業に勤め続けて心や体を壊してしまった場合、通院費もかかってしまいますし次の就職もすぐにできなくなってしまうかもしれないということも考えてみて下さい。

辞めて数ヶ月無収入のほうが結果的にプラスになることもあるかと思います。

辞める時に暴言を吐かれたりパワハラを受ける不安があるのなら、そのまま辞めずにいて平穏に過ごせるかを考えてみて下さい。

一時的につらいことを言われても解放されたほうが、毎日ストレスを受けるよりずっといいと思いませんか。

自分の中で辞めたい方に気持ちが傾いているのなら、ぜひ辞めたい理由の証拠を揃えてから辞めるといいと思います。何かの役に立つと思います。

日記なんかもあるといいようですので、今からでも、毎日一言ずつでも綴ってみて下さい。そして証拠が揃ったら、ぜひスッパリ辞めて新しい環境で楽しく働いて下さい。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧