家電量販店の仕事が辛い!モラルに欠ける人が多過ぎて人間不信になった

人間関係が辛い

今回は家電量販店の販売スタッフの方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
家電量販店の販売スタッフ 28歳 男性

【主な業務内容】
家電製品の販売、携帯電話の契約

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

家電量販店の販売スタッフの仕事が辛いと思った理由

仕事内容自体は好きだったので続けていました。ただ、働いている人、待遇、人間関係においては、モラルというものが欠けておりました。

上司は基本的に部下に責任を押し付け、こちらが依頼した業務に関しては無責任であることがほとんどでした。

上司が責任をとらないので、クレームに代表される問題が起こった場合は、基本的に中間管理職である私達(平<私達<店長くらいのポジション)がとり、たいていの場合減給や厳罰も私達が受けていました。

加えて、人のものを盗るということにあまり抵抗が無い人間も多く、お金や他スタッフの売上、さらには奥さんや旦那さんを奪い取る、または婚約破棄する、などなど人間性に欠ける行動がさも当たり前のように蔓延していました。

同様に、自分が不利になるとほぼ確実に裏切られ、信頼がおける人間というものは1人もいませんでした。
(厳密には最初のほうはたくさんいましたが、そういった現場を目の当たりにするたびに減っていって、最終的に0になりました。)

また、ノルマに対しての厳しさがあまりに理不尽(不平等)でした。

営利企業ですので当然ノルマには厳しくなければならないのは理解していますが、自分に責任の無いノルマ、例えば他店舗で達成できなかったノルマなどであっても、「社員に買わせる」という形で達成させようとしていました。

このような状態が入社して以来続き、幾度も辞めようと思いましたが決心がつかず続けていました。

そこで後述の賠償金を払わされた事件が発生し、辞めることを決意しました。

その状況を改善するためにしたこと

責任とらない上司たちに一度反抗したことで出世の道を断たれ、もうどうすることもできませんでした。

モラルに欠ける人間たちには自分の身は自分で守ることの徹底、プライベートは誰にも明かさないようにしました。

結果的にその仕事は辞めました。

家電量販店の販売スタッフの仕事を辞めた理由

私が責任者であった店舗ではノルマを常に達成していましたが、同地区の多店舗で達成できなかったときにはよく買わされていました。

買わされていること自体も問題ですが、この「ノルマを達成できなかったら買う」ということが日常化しており、私以外にも買わされているスタッフも大勢いました。

表向きは「個人的に買いたかったので買っている」ということになっています。

とどめになった事件は、ある店舗で携帯電話を買わされることになったことで、携帯電話なのでもちろん月額使用料もかかります。

買わされたうえに、「社員が短期間で携帯電話を不正購入した」とされ、キャリアへの賠償金を負担させられました(約3万円)。

後々調べたところ、携帯電話の不正購入をしているスタッフが多く、その見せしめとして私がタレこまれていたことが分かりました。

この一連の事件でここでは働けないと判断し、退職の決意をしました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

しばらく貯金して、半年前から退職の計画を立てるべきです。お金があればたいていのことは乗り切れます。

信頼できる人がいる場合は相談してみてください。社内の人の場合は内通する場合があるので、やめておいたほうが無難です。

スポンサーリンク

関連記事一覧