宅配便の運転手の仕事が辛い!時間に追われ続けて身も心も崩壊寸前

仕事内容が辛い

今回は宅配便の運転手の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
宅配便の運転手 40歳 男性

【主な業務内容】
宅配便の集配作業

【仕事が辛い理由】
仕事内容

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

宅配便の運転手の仕事が辛いと思った理由

一日中分単位で追われているため精神的にキツイし、時間指定に間に合わなかった時にはお客様に怒られ、会社からも指導を受けます。

荷物事故になった際は対応に時間を取られ、他の仕事がひたすら遅れてさらに怒られます。

自然環境の変化をもろに受ける仕事で、冬は寒く、夏は死ぬほど暑いです。雪が降ると配達不能地域が出てきますが、「どうにかして持ってこい」とむちゃを言うお客様がいます。

朝8時出勤して夜10時までと労働時間も長く、夜10時から会議を始めたりすることがあり、会議中でも気を失いそうなほど眠くなります。

発送した荷物が紛失で無くなる事がありますが、その荷物の捜索もやらされます。出荷主と受取人の対応も同時進行でやらなければならず、その間自分の仕事はストップしたままになってしまいます。

荷物が見つからないと出荷人に謝罪して同じ荷物を出して頂くことになり、事故として補償をしますが、基本担当者が自腹を切らされます。

国際便などもありますがとにかくトラブルが多いです。期日に着かない、輸送が荒く壊れるなど。

従業員を育てていく環境ではないため、退職者も多いです。そのため残った者に余計負担が掛かりますが退職金などほとんどなく、使い捨てのような状態です。

仕事中に怪我をしても労災を申請出来るような雰囲気ではなく、労働組合など機能不全と言わざるを得ません。

実際に支店長に蹴られた同僚がいましたが、労働組合に相談すると「話を大きくする前に、間違いがないか良く考えろ」などと言われ潰されていました。

その状況を改善するためにしたこと

一日の労働時間短縮の為、シフト制などを提案しました。

結果的にその仕事は辞めませんでした。

宅配便の運転手の仕事を辞めなかった理由

現在500万ほど年収がありますが、辞めて再就職した場合、特別免許もないので今以上に収入を取る自信がありません。

嫁も300万ほど年収がありますが、家のローンもあるし、二人で稼いで不動産投資しようと話していたので反対されました。

20代の時にフリーターをしていて、正社員でない人に対する世間の世知辛さを良く知っているので、正直無職になるのは怖いです。

現在40歳なので今から職探しは厳しい筈だし、生活レベルは落としたくないです。自己都合での退職となると失業給付も遅いし、面接時の心証も悪いと思います。

会社のシステムはひどいですが、一緒に働く仲間はいい人間ばかりです。仲が良くて困ったことが起こると協力しあっていたので、自分が辞めれば残った人に負担が掛かると思い決断できませんでした。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

私の場合は旅行などがそうですが、休みの日に趣味に没頭してストレスと付き合いながら、ぎりぎりまで辞めない方がいいと思います。

辞めるのはいつでもできます。意外とバッティングセンターに行ってみるのもいいです。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧