自動車整備業の仕事が辛い!ものすごく激務なのに薄給だった

給与や待遇が辛い

今回は自動車整備業の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
自動車整備業 27歳 男性

【主な業務内容】
お客様の車のオイル、タイヤ交換、車検、電装系等取付、走行部品の交換、取付

【仕事が辛い理由】
給与や待遇

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

自動車整備業の仕事が辛いと思った理由

サービス残業が毎月平均30時間以上、繁忙期であれば60時間以上、それ以外にも認められてる残業が月20時間でした。

9時半から20時までの業務で休憩90分と定められていますが、実質20分で繁忙期は5分で残業扱いにもなりません。

年間休日105日ですが実質50日以下、内休日出勤扱い5日程です。

23歳から4年間働いて年収250万、翌年260万と最終年、役職手当がついてようやく300万でした。万が一定年まで働いても退職金はありません。毎日帰りが遅くなるし休みも不定休で、家庭はほぼ崩壊しかけました。

実質の離職率も80%と非常に高く、入社2年で工場長になり歴代スピード出世とは言われましたが、自動車整備の担当をしている社員が自分しかいなくなったためです。

他は資格も実力も不足したアルバイト2人しかいなく、生贄のような状況でした。そんな状況にもかかわらず販売係は7人と余るほどいて、訳がわからない状況に追い込まれました。

しばらくして社員一人入社しましたが現状を知り、作業員として出世欲はなく、むしろやりたくないとすら言っていました。

そんな状況でも作業員の売り上げのみ毎年前年比10%ずつ上げていきましたが、販売係の売り上げが毎年10%ずつ落ちていった為、ボーナス査定は毎年下がっていきました。

人数も無駄に多く責任の重い仕事をしない、肉体的には全く辛くない販売係の尻拭いや売り上げのカバーを、ただでさえ奴隷のような扱いを受ける整備士が行っていました。

それでも役職手当は販売係より低いので、とても長く働こうとは思えませんでした。

その状況を改善するためにしたこと

自己の退職したい理由をそのまま述べ、問いかけました。

けれど無い袖は振れないので改善されなかったです。

結果的にその仕事は辞めました。

自動車整備業の仕事を辞めた理由

このままでは家庭崩壊、ボーナス上がる見込みなし、縮小企業になる一方なため、労務環境改善や入社した人材が希望持てるよう問いかけましたが反応なし。

働いていくリットは何も無し、将来には夢や希望を持てず、自己の技術向上も会社風土状望めないと判断しました。同期入社や同年代も全員辞め、この業界には希望は持てません。

せめて家族には今までの苦労を返したいと思いました。退職金もないなら将来性もありません。

フランチャイズの会社のため吸い上げが厳しく、企業利益はいつも赤字。無理な転勤も歳をとり退職を促したいがため平気で行います。

社長、部長は本部出向のため給料が桁違いで底辺の苦しみをただあざ笑うだけ、そのくせ無茶振りは日に日に増し、無駄に残業が増えました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

この業界は現在、衰退企業の一途を辿っています。

理由は車が出来て半世紀以上、現代では皆低賃金で車は無駄にお金をかけず乗りたいものなので、つまりはお金が入らないです。

車検があるために生かさず殺さず程度の最低限の収入は入りますが、車検や車の維持の大半は結局、車業界には一切返ってこない税金です。

国がしっかり13兆円もの税収を得ているこの業界の底辺にしっかり目を向けて政策を考えない限り、働くメリットはありません。

まだ可能性があるなら他業種も検討してみてください。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧