結婚情報サービスの仕事が辛い!社長のパワハラが原因でうつ状態に

体調を壊して辛い

今回は結婚情報サービスの仲人業務の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
結婚情報サービスの仲人業務 35歳 女性

【主な業務内容】
婚活している男女をマッチングし、お見合いから成婚までのサポートをする仕事でした。

【仕事が辛い理由】
体調を壊した

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

結婚情報サービスでの仲人業務の仕事が辛いと思った理由

当時、私は課長職に就いていました。

私のメインの業務は、会員様のお世話、部下の育成、会員募集の企画立案、他部署や社外との連絡窓口など、多岐にわたります。

また、当然のことながら売上を作るための戦略を練り、それらの進捗の把握もしていました。

一人が抱える業務量ではなかったのですが、私より先に働いていた先輩たちは次々に辞めていき、残った私がすべての業務を引き受ける形で、業務量が雪だるま式に増えていきました。

さらに上記も含めて一番負担だったのが、社長とのやり取りです。その会社は規模が小さく社員が少なかったため、私の直属の上司はすぐ社長という組織でした。

社長の人柄はワンマンで何でも言うとおりにならないと気に入らず、すべてを把握していないと気が済まないタイプです。

そのため業務過多の状態でも毎日1時間の役職ミーティングを実施し、社内の状況を細かにまとめて報告しなければなりませんでした。すべての業務をこなしていくため、時間外勤務が4時間以上という状況が数か月続きました。

そういう状況の中、ある日のミーティングで社長から「何か気になっていることはないか?」と言われます。

その時に「業務過多ですべてを背負っている状態がきつく、仕事量を調整していきたい」と伝えたところ、「課長なんだから忙しくて当たり前だ!」と憤慨されてしまい、八方ふさがり状態に。

社長とのやり取りがきっかけで自分の中で、プツッと切れた感覚があり、次の日から起き上がれなくなりました。

病院を受診したところ、「うつ状態」と診断され休職することになり、社長にそのことを話したときには「わかった」の一言。私を心配する様子もなく、突き放すような話し方だったのを覚えています。

その後、他の社員から「あいつ(私のこと)は裏切り者だ!休職ではなくクビにしてやりたい!」と社長が言っていたと聞き、退職することを決めました。

その状況を改善するためにしたこと

メンタル面を安定させるため、心理カウンセリングに通いました。

社長以外の役職者に状況を相談し、アドバイスをもらいました。

結果的にその仕事は辞めました。

結婚情報サービスでの仲人業務の仕事を辞めた理由

業務過多で精神状態が悪化していく中で、私の体重が10Kg以上減りました。

うつ状態だけではなく摂食障害も症状として出てきていて、周りが見てわかるほど体調は不良でした。

部下や同僚はそのような私を見ていつも心配してくれており、休職の話をした時には「私たちのことは気にしなくていいから、まずは身体を休めてください」と話してもらえたことが大きいです。

それまでは、私がいなくなったら他の社員に迷惑をかけてしまうことばかり考えていたため、退職するのは自分が誰よりも後だと信じていました。

周りの社員に声をかけてもらえたことで、「辞めてもいいほど自分は限界なのだ」と気づき、辞める勇気を持てました。

また、少なからず会社の発展に貢献したつもりでしたが、「体調を崩したなら用はない」という社長の冷酷な対応も決め手です。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

相談できる人や機関は積極的に活用してみてください。客観的に自分の状況を知ることで、今後の行動を冷静に考えられると思います。

また、会社は今在籍しているところだけではなく他にもたくさんありますので、転職ということも視野に入れると柔軟に考えられるかもしれません。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧