秘書の仕事が辛い!上司のせいで食事もとれないくらいストレスが溜まった

人間関係が辛い

今回は秘書の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
秘書 総務 27歳 女性

【主な業務内容】
海外の上司のスケジュール調整、国内の部署内の総務関連、スペースプランニングのアシスタント

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

秘書の仕事が辛いと思った理由

上司が変わり、言っていることがコロコロと変わる女性が新しい上司に。確認を取りながら仕事を進めていく私に、「もういちいち聞かないで勝手にやって。」と突き放されました。

部署内に何台コンピューターを買うかを決めるのかを相談した時も「勝手にして」と言われましたが、私には台数を決める決定権などなく困りました。

仕方なく、海外にいるその上の上司(普段はこんなことの指示は仰がない上司)にわざわざメールをして台数を確認したりしました。

その後、小さな手違いも自分で処理するようになりましたが、それに対して「なんで私に聞かないの!?」と怒られました。こんな上司にはついていけないと思いました。

そのことで、他のチームの人にも「なんで自分の上司に確認しなかったの?」と言われましたが何も言い返せず困りました。

また、その女性の上司は既婚で子どもがいない、旦那さんとも上手くいっていない人でした。そんな人が、子どもを持つ女性が早退したり、時短で働いていたりしているのを見てため息をついたり、文句を言ったりしているのを見て嫌気がさしました。

特にその上司は自分が遅くまで残業しているような人だったので、残業なしで契約している私の事を「アルバイトみたいなもんだよね」と軽視発言する始末です。

そんな上司を見ていた他の派遣社員たちも、正規社員が時短や保育園都合で早く帰ると文句を言い始め、それを良しとしている人でした。とにかく、一人の社会人としても、女性としても、上司としても、全く信用のできない人でした。

その状況を改善するためにしたこと

前の上司に現状を報告しました。しかし、特に何もできずに終わりました。

結果的にその仕事は辞めました。

秘書の仕事を辞めた理由

あまりにも上司の言っていることが理解できずストレスが溜まってしまい、病院で「胃腸が全く動いていない。ストレスがひどい」と言われたからです。

また、朝会社に行きたくなくて電車に乗るのに躊躇するようになり、「このまま電車が止まればいいのに」とか、「このまま家に引き返そうかな」というようなネガティブな感情を抱くようになりました。

ストレスがひどく数ヶ月間で全く食欲がなくなり、食べても気持ち悪くなってしまうほど体にもストレスの症状が現れ始めました。

最後はあまり話をしないようにしてみましたが、それが逆にチーム内でもっとコミュニケーションが無くなってしまい、いじめにも似たような発言が私に向けられるようになりました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

ストレスを抱えてまでそんな職場にいる必要はないです。

そこにいると、そこだけが世界だと思えてしまうかもしれないけれど、離れてしまえば大したことはないと思います。

でも最後にやめる時は、「立つ鳥後をに濁さず」が一番です。

スポンサーリンク

関連記事一覧