銀行の窓口の仕事が辛い!年上の女性にいじめられて精神的に限界だった

人間関係が辛い
スポンサーリンク

今回は銀行の窓口の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
銀行の窓口 26歳 女性

【主な業務内容】
銀行の窓口での接客業務と後方事務

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

銀行員の窓口の仕事が辛いと思った理由

当時銀行で窓口業務、勤続6年目の正社員として働いていましたが、アルバイトとして入ってきた年配の女性が困った人でした。

私は勤続6年目なのもあり、その女性の指導役として二人一組で仕事をすることになりました。その女性は20年前に3年ほど銀行の窓口で働いたことがあるそうです。

なので、ベテラン気分で毎日仕事をしているようでしたが、実際20年前と今では同じ銀行業務でも方針やマニュアルは全く違います。

ですが、私が仕事を教えたとしても知ったかぶりや、偉そうに思われて言うことを聞いてくれませんでした。

挙句、その女性は私がきつい言い方をすると訴え皆の前で泣かれ、さらには同じ年代のアルバイトの女性を仲間として集団行動をし始め、私を除け者にするイジメが始まりました。

急に入ってきた年配の女性が、急にボス的な立場になったのです。

上司に相談したりもしましたが、上司は自分の立場が大切なので、ミーティング等で周知するだけで特に何もしてくれませんでした。

そのうえミーティングで周知したことにより、その女性の怒りが余計に増してしまい逆効果でした。

最悪なことに、田舎の銀行だったのでアルバイトの年配女性が多く、同じ世代や話を分かってくれる人は一人もいませんでした。

最後に私はボスを含むグループから変なあだ名を付けられ、限界になり退職に至りました。

仕事は好きだったのにどうして人間関係で辞めないとダメだったのか、他に改善策はなかったのか、当時はとても悔しかったです。

その状況を改善するためにしたこと

とにかく自分の仕事を一生懸命して成績を上げ、信頼されるようにしました。

結果的にその仕事は辞めました。

銀行員の窓口の仕事を辞めた理由

人間関係の悪化で、これ以上職場にいると精神的に自分が潰されてしまうと思ったからです。

当時、鬱に近い状態にまでなり、夜は眠れない、朝は辛く身体がだるい、家族と喋りたくない、言葉を発したくない、とにかく誰とも会いたくないと思い、休日でも何をするでもなく誰とも会わないように自宅に引きこもってました。

眠ってもまた起きたら仕事だと思うと辛くて辛くて、休み前の夜は普通は楽しいものだと思いますが、私にとって休み前はすでに仕事へのカウントダウンが始まっていました。

せめてあと5年、もしくは結婚するまでと精神を保って頑張りましたが、病気ではないのに辛い、しんどい、いつまで続くのだろうと思ったときに、もう無理だと思いました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

仕事はいくらでもあります。人間関係で悩んだらとりあえず改善策を考え、色々試して改善されなかったら辞めるべきです。

自分が辛い、しんどいと思うようなところで無理して働く必要はありません。自分の身体が大事です。転職しましょう。

あなたは今の仕事に満足していますか?

  • このまま今の仕事を続けていてもいいのかな・・・。
  • ブラック企業を辞めたい。
  • この会社にいたらうつ病になりそう。
そんな仕事や会社の悩みを相談してみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧