建設会社の事務の仕事が辛い!苦労して取った資格を上司に無視された

評価・人事制度が辛い

今回は建設会社の事務職の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
建設会社の事務職 30歳 女性

【主な業務内容】
建設会社(中堅)での総務事務、保養所や寮、会社の備品管理、総務の予算管理など。

【仕事が辛い理由】
評価・人事制度

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

建設会社の事務職の仕事が辛いと思った理由

建設会社勤務だったので不動産部門などもあり、1年目のチャレンジで宅建の資格を取りました。

けれど仕事が総務事務だったために登録に必要な承認をしてもらえず、結局1年待って自分でほかの試験を受けることでもらえるタイトルの講座を1年遅れでとりました。

この講座を受けるかどうかの返事を引き延ばされて、結局ダメだったので、もっと早くダメならダメと言ってもらいたかったと訴えました。

それでも上司はあまり真剣に受け止めてくれず、苦労して取った資格だけに(何度もトライして取れない人がほとんどです)全く身近な仕事仲間から評価されず関係ないという感じに扱われました。

ほかの部署の男性も同じ時に資格を取りましたが、その人は大々的にお見事という感じで扱われており、この差はなんだと情けなくなりました。

月々の給料も資格手当が数千円アップ程度で、給料に差はほとんどありませんでした。

当時宅建資格者は引く手あまたの時代で、(今もと思いますが)世間一般の人は「すごいね、1発でとれたの?」とみんなに一目置かれていただけに、この差はなんだと情けなくなりました。

要するに、仕事にかかわっている人間ですらなかなか受からないテストに部外者が楽々と受かったという妬みに似た考えと、女性だからという、軽く見られているという2重の扱いだったのです。

その割には面倒くさい仕事ばかり押し付けられ、上司のしりぬぐいは日常茶飯事という状況で、この上司さえいない職場ならばもっと自分を認めてもらえるのではないかと思いました。

その状況を改善するためにしたこと

自分の身近な人にいろいろ話をしてまずはうっぷんを晴らしました。

けれどみんなの反応は、「私が言うことは理由がある、その上司がいい加減なだけで私の評価が低いというわけではない」という意見ばかりでした。

結果的にその仕事は辞めませんでした。

建設会社の事務職の仕事を辞めなかった理由

その年の年末の忘年会、全国の支店も合同のもので500人近い参加者のあるものでしたが、その席で今年宅建合格者ということで名前を読み上げてもらい、全社員から拍手喝采をうけ、自分の部署以外の上司からお褒めの言葉を多くいただきました。

自分が思っていた以上に、実は私のことを認めてもらっている人がこんなにたくさんいたことに気づき、努力したかいがあったと改めて思いました。

その時の上司は知らんぷりのようでしたが、気まずい思いをしていたに違いありません。

君の部下は優秀だねとかお世辞も言われていたのかもしれませんが、この件では後ろめたいこともあったのか、その人から直接の言葉すらなかったです。

宴会の後の2次会でも、社長秘書の会社でも重要なポストの人から名指しでわざわざお誘いを受け、会社中の人が私の名前は知っているという状況になりました。

せっかくの資格を生かせるポストに配置換えはなかったのですが、一目置かれる存在に感じたのは事実です。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

自分がした努力に見合う評価や、それに伴う自分の期待通りに会社が反応してくれないということもあるかと思います。多くの場合は、個人的な嫉妬や妬みのようなものからくることが多いようです。

こんなに苦労しているのに認められないことも良くありますが、実は努力に対する報いは必ず違った形で表れてきます。

予想以外の形で現れることもあるので、自分のした努力は決して無駄ではないと後になって気づくことが多くありますので、前向きに考えるようにしましょう。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧