青果店の仕事が辛い!労働時間が長過ぎて自分の時間がほとんどなかった

労働時間が辛い

今回は青果店の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
青果店での加工、販売 23歳 女性

【主な業務内容】
野菜、カットフルーツの加工をし、来店されるお客様の接客をしながら販売。

【仕事が辛い理由】
労働時間(残業・休日出勤等)

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

青果店の仕事が辛いと思った理由

入社1年目で、はじめは一日にシフトに入る人数が3〜4人いることが普通でした。けれど半年ほど経ったころ1人が異動、1人が退社することになり、店にいる社員が自分を入れてたったの2人になってしまったのです。

シフト制で休業日はないので、当然1人で一日の仕事をまわさなければならない日もでてきます。それまで2〜3人で行っていた作業を1人きりで行わなければならないので、時間がとてもかかり体力的にかなりきつくなりました。

労働時間が7:30〜定時でも21:15までとかなり長く、その上終わらない仕事のために22:30くらいまでかかってしまう日もありました。

月の出勤日が22日あり、その少なくとも半分はそのような労働時間だったので、普通の労働時間だと月に80時間ほど残業をしているという計算になります。

しかし会社側の決まりで、残業代が出るのは40時間までと定められていました。

朝から夜まで毎日のように働き通しで身体にもダメージがきていた上、給料は手取り22万とそこまで高くもなく、時間ばかりがただただ奪われる毎日に涙が出てきました。

ノルマは厳しく定められていたわけではないのですが、予算が達成できないと他の部門の先輩から軽く文句を言われたりもしました。

仕事が終わらなくても先輩もアドバイスをくれたり手伝ってくれたりもせず、どうしたらいいかもわからずただただ疲れて帰る日々が続きました。

青果店の性質上、声を出して活気を与えなければならないのがまた辛かったです。

その状況を改善するためにしたこと

自分の一日の仕事の流れを書き出し、無駄な時間を短縮しようと努力しました。

結果的にその仕事は辞めました。

青果店の仕事を辞めた理由

まず、体力的にこの仕事をずっと続けるのは無理だと思いました。

重いものを運んだり朝早くから夜までという長い労働時間、その間立ちっぱなしの仕事はいつか身体に支障がでてしまうと思い、見切りをつけたのです。

それからどうしても若いうちにやりたいことがあったので、そちらに時間と体力を使いたくなりました。

前からずっと続けていた音楽を仕事にしたくなったので、仕事を辞めて専門学校への入学を決意しました。

この仕事を続けながらではあまりにも時間がないため、完全に退職して時間を確保する必要があったのです。

もう1年仕事をつづければ、この仕事自体はマスターしやりがいも出てくるのかもしれないと思ったけれど、意識が他に向いてしまった以上、続けるのは気持ちがついて行かず無理でした。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

仕事はやはり生活の時間のうち、多くの割合をとられてしまいます。

その時間に大きな不満を感じていたり、他にどうしてもやりたいことがあるのにそれを出来ずに、やりたくない仕事に時間を費やしているのはもったいないです。

向かいたい方向に、そのタイミングで向かっていくのがいいと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧