キーパンチャーの仕事が辛い!派遣社員に対しての風当りが強かった

人間関係が辛い

今回はキーパンチャーの方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
キーパンチャー(派遣社員) 23歳 女性

【主な業務内容】

テレフォンショッピングの会社で、注文書を一日中入力する仕事です。

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

キーパンチャーの仕事が辛いと思った理由

私は派遣社員だったのですが、同じ部署で同じ内容の仕事をしている直属の会社のパートさんとの人間関係で悩んでいました。

私より数ヶ月前から雇用されていましたが、年上ということと直属のパートさんということでなんでも上から目線でした。

仕事で入力ミスがあれば私のせいにされたり、間違えやすく面倒なクレジット購入のお客様の伝票は、「よろしくね~」の一言で私の前にドサッと積まれたりするのには参りました。

時給が派遣はかなり安く会社のパートさんは高いので、同じ内容の仕事の中でも面倒な伝票ばかり押し付けられるのはかなり不満でした。

データ入力の部屋は独立していた為、パートさん達は無駄話をしながらゆっくりゆっくりと入力していましたが、私は出来る限り早いスピードを保ちながら一日仕事していました。それが派遣社員の評価対象になり、時給アップにつながるからです。

しかし、私が大量の伝票をさばくことで自分達の伝票の枚数が少ないと責められたので、いつも嫌味のように「ゆっくり~、ゆっくりでいいのよ」「そんなに急いだらまた間違うわよ」などと横から言われたのにもイライラしました。

さらにパートさん達は、毎日お菓子を持ち寄って食べながら仕事するのです。

私は間食の習慣がないし、仕事中なので全く食べませんでしたが、勧められると断るのも角が立つと思い受け取っていました。

するとだんだん「みんなお菓子を持ってきてくれるのにね」などと私に催促するようになり、私は食べもしないお菓子を数日に一度、出勤前にコンビニで仕入れてから仕事に出かけなければいけませんでした。

そのように私が一番働いていながら頑張っても迷惑がられ、時給も自分が一番安く、なんでもご機嫌取りのように話を合わせたりすることが苦痛で、もう辞めたいと思いました。

その状況を改善するためにしたこと

まず、派遣会社に訴えて自分の給料の見直しをしてもらいました。

さばいている伝票数と実際にタイピングしているところを見学に来てもらい、上司と相談して時給を100円程度上げてもらいました。

結果的にその仕事は辞めませんでした。

キーパンチャーの仕事を辞めなかった理由

一人暮らしで生活費が途切れたら困ることと、もうすぐ結婚という時だったので、貯金が必要だったからです。

派遣なので次の仕事がいつ決まるかわかりませんし、それまで時間が空いてしまいます。

契約期間が残っていたので、途中で辞めると次の仕事にも関わるというのもありました。信用がなくなるのは嫌だったので。

それと給料を多少でも上げてもらったことで、派遣先の上司にも評価されているんだ、わかってくれてるんだと報われた気持ちになったのもありました。

また他にも派遣社員がその部署に入ってきたことで、愚痴をお互いに言い合うことができ、感情を共有できる仲間が出来たことも大きな理由だと思います。

人間関係で辞めようと思いましたが、その友達に救われました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

派遣は正社員やパートと違い、「同じ仕事をしているのに…」と不満を持つことが沢山あると思います。

ですが、そこは派遣は期間が決まっていて短期間で辞めることが出来るのだから、少しの間は我慢した方が信用もできて得です。

色々と不満があっても自分はいずれ去る身、とクールでいたらいいと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧