人事の仕事が辛い!職場の人間関係で精神を病んで休職した

人間関係が辛い
スポンサーリンク

今回は人事の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
人事 26歳 女性

【主な業務内容】
社会保険業務、年金、退職金、採用、研修

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

人事の仕事が辛いと思った理由

採用や研修の仕事に携わりたいと希望していた人事配属でしたが、最初に与えられた仕事は社会保険。数字が苦手で苦労しましたが、必死にくいついて頑張りました。

社会保険業務について1年たったころ、社会保険料徴収ミス(1年に及ぶもの)が発覚。そのときの担当はもちろん私ですが、1年前に担当していた方から引き継いでそのままになっていたものでした。

結局上司が謝罪し、私は社会保険機構等と連絡を取り合い訂正しましたが、始末書をかくほど大きなミスは初めてでした。

前任の方がまだ人事課にいたので始末書を書く際に当時の間違いについて詳細を聞くと(経緯を書く必要がありましたが、私にはわからなかったため)、「今の担当はあなたでしょ。全部あなたの責任だし、私じゃないわ」と言われてしまいました。

それにもかかわらず、他のスタッフの前では「大変ね、私にできることはなんでも言ってね」と優しいふりをされました。

その頃からその人には影で冷たくされることも増え、私は人間関係が元で体調がおかしくなっていきました。

人事課では前にも体調が悪かった人が出ていて、おそらくスタッフ同士の人間関係はもともと良くなかったのでしょう、私は気がつくのが遅かったです。

体調不良の中、精神的にまいって異動していった同僚と退職した先輩の仕事をさらに引き継ぎ、仕事量だけ増えて行く状態が続きました。

そのおかげで採用と研修の仕事もできるようになりましたが、人間不信に陥っていた私は希望に満ち溢れていた頃のような気持ちに戻れず、体調は悪化するばかり。

病院をたらいまわしにされ、最後には精神科にお世話になり、薬を服用することになりました。

そこでやっと人事課長にその報告と相談をしようと話したのですが、言われたのは「薬もらったんだ、よかったじゃん」の一言。

きれいごとかもしれませんが、私が働いている職場の人の冷たさに気持ちが一気に冷めて辞めたいと思いました。

その状況を改善するためにしたこと

自分の体調によって仕事がおろそかになることは避けたかったので、決算期等多忙期を終えた頃に上司に相談し、仕事量を減らしてもらいました。

結果的にその仕事は辞めませんでした。

人事の仕事を辞めなかった理由

結局途中で体調が悪化し会社に行くことができなくなったため、一時欠勤をしていました。

3ヶ月ほど休ませていただいた後、復帰したら担当が少し変わっていたことと、ひどい対応をされていた先輩社員が出産でおやすみに入っていたことが重なり、気分が少し楽になりました。

体調悪化する前までは、入社した当初のキラキラした希望だらけのまっさらな気持ちで仕事していたため、いろいろ汚い部分やひどい仕打ちがあり幻滅してしまいましたが、それも少し休んでいる間に自分の甘さにも気がつくことができました。

もっとこうしていたらよかったと考える時間が持てたのが、辞めないですんだ一番の理由です。

また人事という職場柄、辞めるのではなく欠勤させてもらうという手段があることも知っていたので、踏みとどまることができました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

仕事は厳しいもので、お金をもらっている以上、多少の弊害や辛さはつきものだと思います。

ただその弊害が例えば上司のパワハラやいじめだった場合は、だまって我慢するべきではありません。そのうち自分の体と心が壊れて、元に戻れなくなります。

そこで辞めてしまっても、自分のキャリアがストップしてしまうだけでもったいないです。

少しふみとどまって、こういう状況のときはどうすればよかったか考えたり、その上司とは相対するところにいるさらに上の上司に相談するなどして、自分の立場をしっかり守ることが続けられる鍵だと思います。

あなたは今の仕事に満足していますか?

  • このまま今の仕事を続けていてもいいのかな・・・。
  • ブラック企業を辞めたい。
  • この会社にいたらうつ病になりそう。
そんな仕事や会社の悩みを相談してみませんか?

老舗の電話占い【ヴェルニ】会員登録

関連記事一覧