トレーダーアシスタントの仕事が辛い!将来自分の仕事が機械に奪われると思った

仕事内容が辛い

今回はトレーダーアシスタントの方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
信託銀行のフロントオフィス トレーダーアシスタント 36歳 女性

【主な業務内容】
主にトレーダーのサポートと、トレードをした時にシステムに打鍵する仕事です。

【仕事が辛い理由】
仕事内容

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

トレーダーアシスタントの仕事が辛いと思った理由

将来の仕事を見据えて色々考えた結果、今やっている仕事に将来性があるのかどうかを考えました。

例えば、良く巷で言われているマクドナルドの店員やスーパーの店員の人件費を削減するために、セルフのレジを設置したりする事がヨーロッパ諸国でも導入されてきています。

今はまだ実験的な段階だそうですが、セルフレジから注文をして実際にハンバーガーを人間が作りますが、この工程も将来機械化されてゆくのだと思います。

現在ヨーロッパではセルフ注文機械があるものの、入力等が面倒なのかはわかりませんが、やはり人間と直接会話して購入したい人の為の列もあるそうで、そちらに並ぶ人達もいるようです。

一方でアメリカのニューヨークでは、現在ファーストフード店での店員の給与が最低賃金ですが、段階的に約15ドルにまで引き上げる法案が施行されるようです。

もしそうなれば、経営者は店員の人件費を長期的に削減するためにセルフレジやハンバーガー製造機を発注していくのだろうと思われます。

そうなった場合、沢山の失業者で町はあふれることになり、犯罪が現在よりも多くなるでしょう。

最低賃金が上がれば必然的に物価も上昇することになり、仕事を失った人間は益々物を買えなくなり悪循環になります。

今はまだ大丈夫かと思いますが、現在やっているシステムにトレードを入力する仕事もトレーダーがトレードをして自動で入力できるプログラムさえ組めば必要がなくなるのです。またトレーダーもしかり。

その状況を改善するためにしたこと

状況を改善するためには、他の技術を身につけ1つの業種に縛られるのではなく、2つ、3つと自分に手に職をつける事だと思います。

結果的にその仕事は辞めました。

トレーダーアシスタントの仕事を辞めた理由

辞めた理由は、将来自分の仕事が機械に奪われる事が想定できた為です。

一緒に働いているトレーダーも、自分の仕事がなくなるだろうという事を嘆いていました。

同じ理由で、機械に今までのデータやマーケットの傾向等の情報やその他ニュース等の情報を組み込み、人口知能(システムトレード)をプログラムしてしまえば自動で取引が出来るようになります。

実際に既にそうした人口知能で取引をする銀行や投資会社も出始めてきました。なので、そう遠くない将来に自分の仕事が機械に奪われると感じとったためです。

私は現在その仕事を辞めて、お金を稼ぐ目的とは別として自分が興味のあること、そしてそうした事を人生をかけて探して行きたいですし、それがもし社会的に貢献できお金という形で入ってきたらと思います。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

私は現在仕事を辞めてしまい主婦をしておりますが、1つの仕事が立ち行かなくなってしまった場合にうまくヘッジできるように、自分をいつもスキルアップする事だと思います。

他に何かしら技術があれば、他の業種の仕事に就く事が出来ます。今後は1人の人間が2〜3個のスキルを身に着け、複数の仕事を持つ時代が訪れるかもしれません。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧