運送業の事務の仕事が辛い!忙しすぎて精神的にボロボロになった

人間関係が辛い

今回は運送業の事務の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
運送業の事務 23歳 女性

【主な業務内容】
受付と電話応対とアルバイトに仕事を教える仕事。

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

運送業の事務の仕事が辛いと思った理由

正社員だという理由で、受付から事務所での来客の接客や事務作業、電話応対など雑務なども全て任されました。

人手が足りない時期にはアルバイトも雇ってもらったけれど、アルバイトも繁忙期に素人の人(ほぼ年上)を短期的に雇うので一から内容を教えたり、ミスした時のフォローも行ったりして、全く自分の仕事に手をつけれない日が続きました。

そのわりに残業を減らせと言われたので、やむ得ず休日にサービス出勤をしてノルマをこなしていくハメになってしまっていました。

そんな時に学生のアルバイトが急に来社拒否をしたので仕事が更に増え、自分自身のキャパオーバーになってしまい、お客様と約束をした仕事をすっかり忘れてしまい大変な損失を出してしまったのです。

相手先が大手の大事なお客様だった事もあり、自分と責任者である所長で一緒に相手先の会社まで頭を下げに行きましたが、自分が悪いと分かっていても一生懸命頑張った上でのミスだったので素直に謝る事ができませんでした。

上からも認めてもらう事もできなかったので本気で辞めようと思いました。

もちろん所長にも「自分なりに一生懸命にやっているけど、社員一人だと限界がある」と訴えました。けれど所長からは、「辛いのは君だけじゃない。君は不器用なのだから、もっと努力するべきだ」と言われました。

さらに相手先の会社から言われた「君この仕事向いてないんじゃない?」というセリフは、未だに忘れる事ができない程悔しい思い出として心に残っている言葉です。

その状況を改善するためにしたこと

既に退職をしていた前任者だった先輩に愚痴を聞いてもらって、アドバイスをもらいました。

結果的にその仕事は辞めました。

運送業の事務の仕事を辞めた理由

メンタル的にボロボロになり、仕事中取り乱したりするようになりました。

アルバイトの人にも仕事を覚えてもらおうと必死だったので、ちょっとでもミスをされるとイライラして怒ったりヒステリーを起こしてたりして、性格まで変わりそうになっていました。

友人や恋人と遊ぶ時にもずっと仕事の愚痴をこぼして常にイライラしていたので、周りの人からも「そんな嫌なら仕事辞めた方が良いよ」と勧められました。

更に食欲不振にも陥り、半年で10キロくらい体重も減っていきました。

家族からも心配されて、「休日までワザワザ仕事に行く必要なんてない!もっと良い仕事があるよ。」と母親が職安に行って色々な求人情報を持ってきてくれた瞬間に、こんな仕事続けなくてもいいかなと気がつきました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

とりあえず全てを自分で抱えこまずに、同じような仕事を経験している先輩や友人なんかにアドバイスをもらいましょう。

仕事を任せられた時に無理な仕事は「ムリ」という意思表示をしっかりと上司に伝える事が大切だと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧