美容部員の仕事が辛い!先輩との人間関係に疲れきって鬱のようになった

人間関係が辛い

今回は百貨店化粧品コーナーの美容部員の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
百貨店化粧品コーナーの美容部員 26歳 女性

【主な業務内容】
百貨店の化粧品売場でお客様にメイクしたり、肌の悩みに対してのアドバイスをして化粧品を販売していました。

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

美容部員の仕事が辛いと思った理由

入社して配属された店舗に苦手な先輩がいました。

メイクや肌のマッサージなどをするため、お客様の肌に触れたり販売しているものも肌につける化粧品なので難しい仕事でした。

新人なので至らないこともたくさんありました。

注意やアドバイスは自分の成長のためと受け止めてありがたく思っていましたが、注意の仕方もその先輩は明らかに他の先輩とは違いました。

言葉では「ボケ」などの暴言もありました。狭い売場なのですが「どいて」と一言ありつつも押したりされることもありました。

「おはようございます」「お疲れ様です」などの出勤や退勤の挨拶も、先輩のご機嫌によって笑顔で返してもらえる時もあれば、目も合わさずに無視の時もありました。

どちらかと言えば不機嫌な時の方が多い先輩でした。お客様への対応も疑問を感じることが多かったです。

お勧めしたものをお客様が「考えておきます」とおっしゃられると、「それでは綺麗にはなりませんよね」と言っているのを聞きました。とても尊敬できる先輩ではないと感じました。

ですが他の先輩とその先輩は仲が良いように見えたので、相談する相手もいませんでした。

お昼休憩もなるべく人に会いたくなかったので、屋上に一人で行っていました。屋上で泣くことも多かったです。そのうち出勤するのも苦痛になりました。

休みの日も遊ぶ元気がなくなり、家に引きこもりひたすら韓国ドラマを見ては現実逃避するようになりました。鬱のような状態だったと思います。

その状況を改善するためにしたこと

退職を願い出ました。

結果的にその仕事は辞めませんでした。

美容部員の仕事を辞めなかった理由

チーフに退職を願い出ましたが、チーフに説得されました。

チーフにご飯に誘っていただきゆっくり話を聞いてもらい、今まで我慢したこと言われたことなど全てお話しました。

チーフが「頑張っていたから大丈夫だと思っていたけど、気づいてあげられなくてごめん。」と謝ってくださりました。

そしてこれからはちゃんと見るから、もう少し頑張ってほしいと言ってくださいました。チーフはお客様にも人気で普段私に対しても丁寧に指導してくださっていましたので、その言葉が信頼できると感じました。

実際にそれからはよく相談にものってくださり、苦手な先輩に対しても注意してくださったので働きやすくなりました。

チーフを目標にして結局9年半働くことができました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

職場内に相談できる人がいれば相談してください。職場にいなくても、誰かに先ずは相談してみましょう。

辞めた方がいい場合もありますが、私のように辞めなくて良かったと思う場合もあるので一人で決めないでほしいです。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧