ホテル清掃の仕事が辛い!派遣社員なのに負担が大きすぎて限界だった

仕事内容が辛い

今回はホテルの清掃業の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
清掃業 39歳 女性

【主な業務内容】
派遣会社で派遣登録して派遣先が清掃業でした。ホテルのチェックアウトした後の部屋を清掃します。

【仕事が辛い理由】
仕事内容

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

清掃業の仕事が辛いと思った理由

ホテルというのはその多くが朝10時にチェックアウトというプランになっています。

それに合わせて私たちは8時半に出勤して会社の車で現場に行き、そこで薬品や清掃用具などをすべてそろえて、アルバイトの人が来るのを待ちます。

9時半にアルバイトの人も集まり、10時から全員で実務が始まります。

でも、そもそも清掃業というのはとても人気が無い仕事です。だから集まるアルバイトさんがおじいさんやおばあさんで、お仕事があまり出来ない人なのです。

他にはは清掃業が何ぞやと知らずにやってきた大学生、あとは小さなお子さんがいるなどして、長い時間の勤務が難しい若い主婦さんなどがアルバイトさんとして、シフトでこの仕事にやってくるのです。

そのようなアルバイトさんの様子があまりにもまちまちで、社員同様に長時間労働をしている私たちへの負担が激しく、仕事は本当に大変なものでした。

例えばおじいさんは、年を取っていて身体がきついからか、トイレ洗面の隅々まで清掃をしてくれません。

それで年若い私が社員からの命令で、きちんとマニュアルどおりに掃除をして欲しいことをお願いすると、プライドだけは高くて、おじいさんが若いときに一流企業で仕事をしていたとか言う自慢やウンチクを逆に語られて、逆に説教しようとしてくる始末です。

おばあさんは、私たちが4部屋清掃を終えている間に、まだ1部屋しか掃除ができないという難しい状態で、しかも入れ歯が合わないのか滑舌が悪すぎて何を言っているかわからないしコミュニケーションが取れません。

大学生は、無表情で無反応で返事もないという今時のひと。

若い主婦の人は、子供の具合が悪いとか幼稚園の行事があるとか、とにかく休みがちでドタキャンが多いという具合で、本当に大変でした。

ホテルの清掃は、とにかく3時までに仕上げるというのが基本です。

一番早い人が3時頃からチェックインをするので、そこまでに大体を仕上げて、あとはアルバイトさんを帰し(アルバイトは9時半から3時までの契約)、正社員と派遣社員で残りの仕事と後片付けをするという感じになっていました。

でも、アルバイトさんの仕事がはかどらなかったり、ドタキャンがあったりすると、結局私たちが必死で3人分くらいの仕事をしなければいけません。

しかも指示を与える社員とアルバイトとの間に挟まれ、実際に仕事をする派遣社員にかかる負担が大きく、体力もストレスも限界という感じでした。

その状況を改善するためにしたこと

とにかく、職場で勤務中に揉めている訳には行きません。

ですから、シニアのおじいさんは本当にプライドだけ高くて仕事はほとんど出来なくて、本当に扱いにくい存在だったのですが、基本無視しました。

勝手に仕事をさせて後で自分で手直しするという方法で乗り切りました。

シニアのおばあさんの仕事はとにかく遅くてこれも難しかったのですが、私はその人の分も仕事をしました。

一生懸命仕事をしていたら、社員への直接雇用の話が来ました。

直接雇用になれば私も指示をする側に回るので、アルバイトさんとの間に挟まれる悩みや過剰に体力を使う悩みから解放されると思いました。

結果的にその仕事は辞めました。

清掃業の仕事を辞めた理由

でもこういう労働の条件、労働のスタイルは本当に良くないものです。

私たちが一生懸命働いているときに、社員さんはシフトを作ったり、リネンさんとの業務の相談、またホテル側とのスケジュール調整(繁忙等の予定を教えてもらう)のみで、ほとんど実務には携わりません。

私たちが色々思い悩んで社員さんに相談をしても、「現場で責任を持つのはお前だ」などと言われて、派遣社員の身分で多くの責任を負わされてしまいます。

私たちは死に物狂いで労働、アルバイトは自分勝手に仕事という感じで、本当に大変だったのです。

私が直接雇用になって自分が楽になっても、誰かがまた同じように自分と同じように苦しむことになるのかもしれないと思ったら、こういう世界で仕事を続けてはいけないと思いました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

私は派遣会社から派遣されているという身分だったので、派遣元に相談して、契約が切れるときに別の派遣先に変えてもらいました。

それでもっと良い派遣先と出会うことができて、今はストレスも少なく普通に仕事をすることが出来ています。

大変な労働条件で我慢をし続けていいことは一つもないと思います。同じくらいの給料で、もっともっと良い仕事があったりするのです。

ですから、一つの仕事にしがみつかずにもっと良い仕事を探してみるというのも選択肢の一つだと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧