財務の仕事が辛い!徹夜で残業させる労働基準法を無視する会社だった

労働時間が辛い

今回は管理系財務・管理会計職の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
管理系財務・管理会計職 46歳 男性

【主な業務内容】
担当役員に対して、決算、月度の収益状況の報告と、問題点の抽出、報告えを業務内容としていた。

【仕事が辛い理由】
労働時間(残業・休日出勤等)

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

財務の仕事が辛いと思った理由

会社の体質の悪いところを抽出して報告する役割なのに、保身的な人たちが多いので、役員報告前にあちらこちらの部署から資料の中身のチェックが入り、その都度修正しなければならなくなります。

組織間にまたがる話では、こちらを立てるとあちらが立たない状態で、その組織の部長クラスから呼び出されて、罵声を浴びせられることもしばしば。

結局、折衷案を取ってしまうと、なんだかわからない資料になるので、役員報告をしてまた罵声を浴びせられます。

しかも、その資料をつくるのに修正修正で結局朝方までかかるのですが、労働基準法に引っ掛かるのでタイムカードを押して無報酬残業をします。

報告は10時からなので何とか間に合わせるも、「何を報告したいのか分からん。お前らは無能集団か、そんな組織は要らないんだ!」と罵声を浴びせられます。

無給で不眠不休で、何とかまとめた資料は何ともならないのかもしれませんが、それはあなたの部下たちが、自分の仕事してないところを隠してねつ造報告してるだけで、こちらは無給で徹夜作業。

言った人たちはさっさと帰って、次の日は普通に出勤して、私が徹夜で作った資料を見てご満悦。

うちの上司はその背景を知っているくせに、都合が悪くなると担当の私を役員報告会で責め立てます。

しかも、徹夜明けなのに普通にタイムカードを押して通常勤務。もう、やってられないと思いました。

ストレスはたまるし、疲れもたまります。挙句に眠くなって、ちょっとうたたねしちゃったら、すごい剣幕で怒ります。

さあ、これで一部上場なんですから驚いたものです。

その状況を改善するためにしたこと

組合幹部に実状を知らしめるとともに、証拠を提出しました。

最終的に、労働基準局に資料を提出しました。

結果的にその仕事は辞めました。

財務の仕事を辞めた理由

こんな状況だったら誰だって辞めると思いますよ?その上、組合に報告したけれど動きが悪いので、労働基準監督署に資料一式提出しました。

後日、労働基準監督署から査察が入り、関係者の状況の把握や事実関係の把握と、関係者の会社規程の処分がありました。

ここまでして会社に無事残れるわけはありません。風当たりが強くなって辞めるよりは、正当性を証明して、無給分を取り返して辞めた方が得です。

しかしながら上長は退職しましたが、その後も代わりが出て来て同じことをしているそうです。

所詮、腐った会社はしっぽを切って同じことを繰り返すのが、会社の風土という事になるのでしょうか。

一度きりの自分の人生、他人に放浪されて体を壊すくらいなら辞めた方がましです。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

あなたにとって人生って何ですか?ストレス抱えて、悔しい屈辱を受けて生きることでしょうか?

会社にしがみつくんじゃなくて、自分なりの得意分野を生かして、健康的に生きるべきだと思います。

最近、どこかの有名な会社で社員が過労死を遂げましたが、そこまで追いつめられるなら辞める選択肢があっても良いと思います。

日本の教育は社畜を増やす教育であり、個人の特性を生かしていません。そろそろ、そこに気づきましょう。

自分で能力を向上させる教育を選択しましょう。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧