ウェイトレスの仕事が辛い!上司のセクハラ発言に耐えられなかった

人間関係が辛い

今回はホテルレストランのウェイトレスの方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
ウェイトレス 23歳 女性

【主な業務内容】
ホテルのレストランでウェイトレスといて勤務しました。配膳やお会計、洗い物がメインでした。

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

ウェイトレスの仕事が辛いと思った理由

辞めたいと思ったきっかけは何点かあります。それが積もり積もって「辞める」という決意に変わりました。

最初に気になったのが部署配属です。新卒で営業職として採用されましたが、入社式の後、料飲部に配属されました。

まずはホテル全体の業務を知ってもらいたいからという理由だったようですが、少し裏切られたような気がしました。

次に気になったのがタバコの煙です。いまどき珍しい終日喫煙OKのレストランでした。カウンターでの仕事も多く、お客さんのタバコの煙をもろに吸っていました。

もともとタバコが得意ではなかったので、朝から晩までお客さん・社員さんの煙を浴びるのは正直きつかったです。

そして辞めたいと思った最大のきっかけは、上司のセクハラです。特別可愛がってくれたのは嬉しかったのですが、私にとっては苦痛でした。

実際に「○○ちゃんは俺の癒しだ〜」「休みは彼氏と何するの〜?」「この休暇申請も彼氏のところに行くんでしょ?」といったことを言われました。

極めつけは休憩中にお弁当を食べていた時の一言、「おいしい〜?」。じーっと私がご飯を食べる様子を見られて、すごく気持ち悪くなりました。何かとジロジロ見られるのが本当に苦痛で、ストレスが溜まりました。

先輩はとてもよくしてくれましたが、「この環境で長いこと勤めるのは無理だ。もっと自分がストレスを感じずに働ける職場があるはず」と思い退職を決意しました。

退職届を出してから、そのセクハラ上司には「なんで辞めちゃうの〜?」と言われましたが、本人には何も言えませんでした。

その状況を改善するためにしたこと

その時には心も身体もボロボロで、上司に本当のことを話すことができませんでした。

部長には希望する業務内容でなかったと伝え、円満退社で退職しました。

結果的にその仕事は辞めました。

ウェイトレスの仕事を辞めた理由

このままこの会社で働いても、自分のためにならないと思ったからです。

就活中、自分が思い描いていた理想とかけ離れていましたし、もっと自分を必要として認めてくれる職場があるはずと思いました。

毎日夜遅くまで働き、片道1時間以上かけて通勤していた私を見かねて両親が、「辛いんだったら辞めていいんだよ」と言ってくれたのも心強かったです。

今思うと、当時は鬱になる寸前だったと感じています。幸い実家暮らしでしたので両親も私の変化に気がつき、そうはならずに済みました。

退職届を出す前に次の仕事探しを始め、1ヶ月以内に内定をもらいました。内定が出てすぐ退職届を提出。

退職届を出した際に「業務内容を変更すれば辞めないでくれるか?」「できる限りの事はするから」と引き止められましたが、私の決意は固かったので退職するという意思は変えませんでした。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

セクハラは他人になかなか相談できないことだと思います。

先輩は軽く受け流していましたが、私にはそんな度胸はなくコミュニケーションとしてきちんと対応しました。

休みの日に友人に相談したりもしましたが、解決にはつながりませんでした。

もし同じ環境で同じことをされている人がいれば、複数人で上司に相談するもの有りかと思います。一人では相談しづらいことも、複数人であれば少しは心強いと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧