印刷会社の仕事が辛い!上司の怒鳴り声に耐えられない

人間関係が辛い

今回は印刷会社の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
印刷会社 22歳 男性

【主な業務内容】
印刷会社での生産管理部門による、印刷物の納期管理および生産設計業務です。

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

印刷会社の仕事が辛いと思った理由

退職した会社の人間関係が原因で辞めることにしました。というのも、職場内での雰囲気がいつも悪く、ことあるごとに罵声が飛び交うような会社でした。

その時に私についていた教育係の上司も仕事が忙しいせいなのか、愛想がいつもなく、ロクに教育という時間がなかったことを覚えています。

また、新入社員のレポートを書くことになっていたのですが、レポートをきっちり書いて提出したにもかかわらず、「字が薄くて、君は自信がないように見えるから、もっと濃く書いてこい」であったり、「新入社員としてこんなことしか書けないのか」であったりと罵声が飛び交う毎日でした。

特に、その当時の課長は自分に対してかなり厳しい物言いだったことを覚えています。おはようございますと元気よく挨拶しても、挨拶を返してくれないこともありました。

そのくせ、私が体調不良で挨拶の声が小さかった時には、「新入社員なんだから、ちゃんと大きな声で挨拶しないとだめだろう」とかいう、難癖をつけてきました。

その点、課長は職場に入ってきたときは、挨拶もしないという状態でした。

他にも、ろくに教育されていない私に対して、今までやったこともないような書類を出してきて、「今度の会議があるから、これを読み込んで職場のみんなに説明してみろ」という暴言も吐いてきました。

このようなことがあり肉体的にも精神的にも耐えきれず、退職することを決意しました。

その状況を改善するためにしたこと

人事の方には、まだ私の話を聞いていただける方もいたので相談をしにいきました。今まであったことを受け入れていただき、なんとか職場改善に尽力もしていただきました。

私自身も職場に早く慣れるために、出勤前の朝早くから職場に入り、仕事について勉強していました。

結果的にその仕事は辞めました。

印刷会社の仕事を辞めた理由

結局、職場の雰囲気が悪く、教育係の上司、課長共々の辛辣な罵声を受け続けたために、肉体的にも精神的にも精根尽き果てて辞めることにしました。

辞める1ヶ月前から体調を崩し始めて、ほぼ毎週医者通いになってました。医者からも、かなり職場でのストレスが激しいせいなのかもしれないという診断も受けました。

特に周りからも「痩せたね」だとか、最近元気がないということを言われ続けました。そういったことをすべてふまえて友人や親とも相談した結果、辞めるという決断を下しました。

新卒採用で入ったことがネックで辞めたらだめになるかもしれないとも思いましたが、自分の肉体的、精神的なことを考慮してやはり辞めるようと思いました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

その職場がどういう状況なのかは人それぞれなのかもしれません。

けれど自分が「きついな」だとか、「無理だな」とか思ったときには、いったん相談したり自分を見つめなおしたりして、自分の最良を考えたほうがいいと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧