通販会社の仕事が辛い!陰湿ないじめに嫌気がさした

人間関係が辛い

今回は通販会社の方に仕事の体験談を聞いてきました。

実際、仕事をしている方に生の声を聞くと、意外な現場独特の辛さがあったのでシェアしたいと思います。

今回、話をお聞きしたのは以下の人です。

【職業】
通販会社 33歳 女性

【主な業務内容】
販売個数管理、メルマガの配信、関連企業への売上報告、ホームページの修正、クレーム対応

【仕事が辛い理由】
人間関係

仕事が辛い人の体験談

今回はこのような質問をしてみました。

  • 仕事が辛いと思った理由
  • その状況を改善するためにしたこと
  • 結果的にその仕事は辞めましたか?
  • 仕事を辞めた理由、または辞めなかった理由
  • 同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

 

それでは早速、見ていきましょう!

通販会社の仕事が辛いと思った理由

かなりキャラクターの濃い女性社員が一人いました。彼女は歳も近くて始めは仲良くしていたのですが、だんだんとその行動に疑問が湧いてきました。

いつも一人いじめの標的を作っていて、陰湿ないじめをするのです。

例えば、話しかけても聞こえないふりをする、陰でこそこそ噂をして笑う、ランチに誘わないなど、大人げない悪質なものでした。

誰か注意する人がいればよかったのですが、上司の前ではそういう姿を絶対に見せないので上司は注意しない、同僚は自分に火の粉がかかるのを恐れて注意できない、そんな感じで彼女はいじめを続けていました。

やっかいだったのは、彼女がとても仕事ができる人だったことです。上司からの信頼厚く、仕事上では同僚に頼られる存在だったことは間違いありません。

彼女に目をつけられると、とても仕事がやりにくくなります。チームワークから外されてしまうからです。仕事が遅くなっても誰にも助けてもらえず、評価が下がるばかり。

そうして何か月かすると、ターゲットにされた社員は耐えられなくなり会社を辞めていきました。

そうすると彼女はいじめの標的をまた新しく定めます。そうして何人か辞めていったあと、ついに私に順番が回ってきました。

面倒な仕事をたくさん言いつけられたり、忙しいときにわざと電話を取らされたり、服装を笑われたりしました。

今まで仲良くしていたほかの社員まで、距離をとるようにもなりました。彼女が席を外しているときにこっそりフォローしてくれる同僚もいましたが。

自分が標的になってみて、本当にこの会社で働くことが馬鹿馬鹿しくなってしまいました。早く彼女と縁を切りたくてどうしようもなくなりました。

会社に迷惑をかけてもいけないので、キリの良いところまでは働いてから辞めました。

その状況を改善するためにしたこと

心の中で立ち向かいました。

笑われても知らん顔をし、言いつけられた仕事などは完璧にやってやろうと努力しました。

結果的にその仕事は辞めました。

通販会社の仕事を辞めた理由

嫌がらせやいじめが始まってから、随分と頑張って立ち向かいましたが、そのうち馬鹿馬鹿しくなってきました。

何をしたって面白がられるだけのような気もしてきました。こんな人間とは縁を切った方が早いな、と感じたからです。

私にとって、同じ会社に所属し同じ空気を吸い、一緒に仕事をするという価値が全くない、私の人生にいてほしくない人間だと思いました。

自分が標的になる前からくだらない人間だと気づいていればよかった、標的になった人にもっと大っぴらに寄り添ってあげればよかった、私が辞めたら少しは困るだろうか、辞めて困らせたいと思いました。

いろいろ考えているうちに自分も心の貧しい人間になっているような気もして、早く離れた方が自分のためだなと決断しました。

同じ仕事の悩みを持っている方へのアドバイス

本当に自分ではどうしても解決できないということはあると思います。なので、ダメだと思ったら辞めてもいいです。

我慢して心や体が病気になるより、辞めるべきです。

辞めることは逃げることではありません。新しいスタートだと思います。

僕がたった一人で月間223万アクセスをける巨大ブログを作り、 サラリーマン時代の数倍の自動収入システムを作って 社畜を卒業した方法を今だけ限定公開中!

超オウンドメディア集客の秘密

 

更に、100名限定スペシャルプレゼント!!

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

こちらのプレゼントは100名限定でのプレゼントです。 規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

超オウンドメディア集客の秘密

関連記事一覧